さくらだ眼科 原宿町,徳山駅,周南市,眼科 眼科

当院について

院長挨拶

平成25年10月2日、周南市原宿町にて開業いたしました。
院長の櫻田は、金沢大学 網膜硝子体サージカルグループにて、主に網膜硝子体手術を中心に診療に従事し、その後徳山中央病院においても多くの症例の網膜硝子体手術を行ってまいりました。

当院では外来検査器械、手術装置を充実させることにより、さまざまな眼科疾患への対応、白内障手術、外眼部手術だけでなく、これまでの経験を生かし網膜硝子体手術や網膜剥離等の緊急手術が必要な症例への対応により、微力ながら地域医療の発展と向上のためスタッフとともに誠心誠意努力してまいります。

なお、内科的疾患など日帰り手術が困難な方に対しては徳山医師会病院への手術後入院として対応させていただきます。

院長(医学博士)
櫻田 規全

(所属学会、資格)
日本眼科学会専門医
日本眼科医会
日本眼科手術学会
日本白内障学会
日本網膜硝子体学会
日本緑内障学会
ボトックス認定医
PDT認定医

 

スタッフ




 

手術中の写真

経歴

平成 8年 金沢大学医学部卒業
平成 8年~平成14年 金沢大学附属病院勤務
平成14年 学位取得
平成14年~平成15年 珠洲市総合病院勤務(医長)
平成15年~平成16年 辰口芳珠記念病院勤務(医長)
平成16年~平成18年 金沢大学附属病院勤務
平成18年~平成19年 石川県立中央病院(眼科科長)
平成19年~平成22年 金沢大学附属病院勤務
平成22年~平成25年 徳山中央病院勤務(眼科部長)
  新南陽市民病院(非常勤)

 

主な内眼部手術の症例数

網膜硝子体手術      約2,000件
白内障手術 約6,000件

 

当院の紹介

当院の特色

当院では金沢大学病院、徳山中央病院にて最新の医療技術を行ってきた院長の経験をもとに基幹病院と同水準の医療を行うため最新の検査機器、手術機器を設置しました。
特に白内障、網膜硝子体疾患の手術については通常症例から難症例まで対応させていただきます。
また加齢性黄斑変性症などの黄斑部疾患に対する治療薬の硝子体内注射、緑内障に対する視神経乳頭解析装置、視野検査による早期発見、治療、各種レーザー治療(糖尿病網膜症、網膜血管病変、後発白内障、緑内障など)も行っています。
尚、結膜炎、ドライアイ、眼精疲労、飛蚊症などの一般眼科診療、コンタクトレンズ、眼鏡処方も行っておりますので目の症状がある方はお気軽にご相談ください。
 



更新日:2019-01-07