さくらだ眼科 原宿町,徳山駅,周南市,眼科 眼科

多焦点眼内レンズ

白内障と白内障手術

多焦点眼内レンズを使用する白内障手術を受ける場合、当院では選定療養の費用として、通常の診療費とは別に以下の金額をご負担いただきます。
 

多焦点眼内レンズの種類 金額
テクニスマルチフォーカル  91,000円(片眼)
テクニスシンフォニー 104,000円(片眼)
テクニスシンフォニートーリック  131,000円(片眼)


選定療養とは、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。
2020年4月より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届出をしています。
多焦点眼内レンズの対象となる患者様には診察時に詳細をご説明致します。

 

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は、手術後に眼鏡が不要になるもしくは眼鏡の使用頻度減少のメリットがありますが、患者様の目の状態によってはお勧め出来ない場合もあります。

ご不明の点は、院長にお尋ねくださいませ。
 

 

白内障とは、加齢により水晶体がにごり、次第に見えにくくなる病気です。
白内障手術は、にごった水晶体を取り除き、その代わりに眼内レンズを入れる手術です。
白内障手術は進歩し、手術中の合併症や手術後の炎症の発生率も低くなり、現在では、国内で年間約100万件程行われ、多くの方が手術後の感激を味わっておられます。手術は小さな切開で眼内にレンズを入れることができ、短時間で終了します。手術当日の帰宅もできるほどです。
眼内レンズを入れた後の一定期間、まぶしさを感じたり、違和感があることがありますが、時間が経つにつれて次第に軽減されていきます。
白内障手術に使用する眼内レンズには、単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズの2種類があります。

 

眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズはその名が表すとおり、1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。

単焦点眼内レンズを入れた後は白内障のにごりがなくなり非常に明るくなり見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきり見えるという訳ではありません。

近く(手元の距離)に焦点を合わせた眼内レンズを入れた方は、運動をする時や、知らない町を歩く時には、遠距離用のめがねが必要となります。

遠く(数メートル先)に焦点を合わせた方は、左頁の写真のように、遠方の値札はある程度読めますが、手元のメモを読む時に、近距離用のめがねが必要となることがあります。
 

 

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、焦点を1つの距離のみに合わせる単焦点眼内レンズと異なり、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点が合います。左頁の写真のように、近くのメモや、遠くの値札にも焦点が合うようになります。
多焦点眼内レンズは、若い頃のような見たい所に焦点を自由に合わせてくれる水晶体とは違うので、位置により見えにくい場合は、めがねが必要となることもあります。

また、細かい文字を読んだり、長時間読書をする時なども、めがねをかけた方が楽な場合もあるでしょう。それでも、単焦点眼内レンズを入れた後のように、見たい所やものの位置に合わせて、いくつものめがねを使ったり、頻繁にめがねをかけたりはずしたりすることから解放されます。

職業柄、めがねやコンタクトレンズの装用ができない方はもちろん、めがねをかける頻度や本数を減らしたい方には好ましいと言われています。

欧米では、老眼矯正の選択肢として多焦点眼内レンズを入れる人もいます。
多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点を合わせられるよう設計されています。多焦点眼内レンズでの見え方に脳が慣れるには、年齢や個人間の差はありますが、一般に数ヶ月程度かかるといわれています。

また、暗い所では単焦点眼内レンズと比べ、くっきり感がやや落ちる可能性もあります。

薄暗い場所や夜にライト等を見ると、光の輪やまぶしさを感じることもありますので、特にレンズを入れた後の数ヶ月は、夜間の車の運転等には注意が必要です。
また、多焦点眼内レンズを選択されるときは、両方の眼に多焦点眼内レンズを入れた方が、遠距離、中間距離、近距離においてより良い見え方が期待できます。
 

 

 

あなたのライフスタイルに適した眼内レンズの選択

白内障手術と眼内レンズの技術の進歩により、見え方の質(Quality of Vision)は向上しました。そして、見え方の質を改善することで、パソコンでインターネットを楽しんだり、ゴルフやテニスなどのスポーツや料理などの趣味を楽しんだりすることができ、結果として、生活の質(Quality of Life)をもより高めてくれることでしょう。
白内障治療の方法は、個々の眼の状態によって慎重に決定されなければなりません。白内障手術が必要であると主治医に診断されたら、仕事や趣味のこと、一日の生活においてどこを見ることが一番多いか等、あなたの希望を伝え、あなたの眼の状態や生活に適した眼内レンズを選択されることをおすすめします。