さくらだ眼科 原宿町,徳山駅,周南市,眼科 眼科

 

目の病気と治療

いろいろな目の病気と治療

白 内 障   網膜硝子体疾患   緑 内 障
眼瞼(まぶた)、角膜(くろ目)、結膜(しろ目)の病気
 

白内障

1.通常症例

  

白内障は水晶体の一部または全体が混濁する病気です。白内障が進行すると視力が低下したり、羞明感(まぶしく感じること)が強くなったり、霧視(かすんで見えること)が生じたりします。これらの症状で生活に支障が出るようであれば手術の適応となります。
手術では水晶体のうすい袋(水晶体嚢)を残し濁った水晶体の中身(水晶体核、皮質)を超音波乳化吸引装置で取り除き、最後に水晶体嚢の中にピントを合わせるための人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。

 
眼内レンズ挿入眼
(白内障術後)
 

 手術では水晶体のうすい袋(水晶体嚢)を残し濁った水晶体の中身(水晶体核、皮質)を超音波乳化吸引装置で取り除き、最後に水晶体嚢の中にピントを合わせるための人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。
 

 

2.過熟白内障

 

白内障の濁りがかなり進行しい、著しい視力低下をきたしている状態です。過熟白内障では水晶体核が硬くなっており、このため通常の白内障手術と比べ超音波乳化吸引の時間が長くなるため、術後の炎症が強く出たり、角膜が濁ったり(ほとんどが一時的ですが)等の危険性があります。
出来るだけ手術の合併症を避け、安全に白内障の手術を受けてもらうためには、白内障がある程度進行してきた段階で手術を受けられるのが望ましいと考えます。
 

 

3.水晶体(白内障)の亜脱臼、脱臼、落下、眼内レンズ脱臼、落下

 

 

眼球への強い打撲などの外傷や加齢による変化などの原因で毛様小帯(水晶体と毛様体をつなぐ線維)が弱くなり、毛様小帯の一部または全てが切断されてしまうことがあります。毛様小帯が切断されてしまうと水晶体の位置がずれて亜脱臼→脱臼→硝子体腔への水晶体落下の状態になります。


このような場合には白内障の手術と併用して硝子体手術、眼内レンズ縫着術が必要となる場合があります。また、一度挿入した眼内レンズの位置が大きくずれてきた場合も同様の手術が必要となります。
 

 
▲PAGETOP

網膜硝子体疾患

1.網膜剥離

 網膜剥離は硝子体が網膜を引っ張ることにより網膜に裂け目(網膜裂孔)ができ、その裂け目から硝子体内の水分が網膜の下に入り込み、網膜がはがれる病気です。網膜剥離の症状は、飛蚊症(黒い点やゴミのようなものが見える)、光視症(ピカピカ光って見える)、視野欠損(見える部分が欠ける)、視力低下などです。
網膜剥離は放置すると進行し、いずれは失明に至りますので手術が必要となります。手術は症例に応じて眼球の外側の手術(バックリング手術)、
または眼球の内側の手術(硝子体手術)によって網膜を
元の位置に戻します。
 

 

2.増殖性糖尿病網膜症

糖尿病による高血糖とそれに伴う代謝異常によって網膜の血管が損なわれる病気です。現代の失明の最大の原因の一つとなっています。
① 単純糖尿病網膜症
毛細血管が瘤状に膨らんでいる部分や点状出血、斑状出血がみられます。網膜浮腫がみられることがあります。 

点状、斑状出血

 

②増殖前糖尿病網膜症
血管障害が広く進行し、虚血状態(血のめぐりが悪い)が悪化しています。出血や硬性白斑に加えて綿花状白斑がみられます。この段階になると、新生血管の発生を予防するため虚血状態の強い部分への網膜光凝固(レーザー治療)が必要となります。 

点状、斑状出血

 

③増殖性糖尿病網膜症

  

網膜の出血や白斑に加えて新生血管や増殖膜ができ、硝子体出血や網膜剥離等を生じてきます。病状が悪化すると失明にいたることがありますので、必要に応じて網膜光凝固、硝子体手術を行います。

 

3.網膜上膜

 

網膜上膜は網膜の表面に膜が形成される病気で、原因不明(特発性)のものと網膜血管閉塞や網膜剥離などに続発して見られるものがあります。ものが歪んで見えたり(変視症)、視力が低下したりします。
視力低下や変視症の程度によって手術が望ましいか判断します。手術は硝子体手術を行い、網膜上膜を除去します。

 

4.黄斑円孔

 

ものを見る中心である黄斑部の中心に円孔(あな)があいてしまう病気です。見ようとする視野の中心が歪んで見えたり、視野の中心が欠けて見えなくなったりします。
黄斑円孔に対しては硝子体手術によって円孔を閉鎖させ、視力を回復させます。
 

 

5.黄斑浮腫

 

黄斑浮腫とはものを見る中心である黄斑部に浮腫(水ぶくれ)を生じている状態です。黄斑浮腫になると、視力低下や物が歪んで見えたる(変視症)等の症状が出ます。原因としては網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症等があります。
黄斑浮腫が長期間残存していると黄斑部が障害されるので、原因疾患に応じて薬剤の硝子体内注射や硝子体手術による治療が必要となります。

 

6.加齢性黄斑変性症

 

加齢性黄斑変性症は高齢者の黄斑部に生じ、著しい視力低下の原因となることが多い病気です。加齢性黄斑変性症は加齢による網膜~脈絡膜の変化を基礎として脈絡膜新生血管が生じ、その新生血管から血液中の成分が漏れ出したり、新生血管が破れて出血することにより著しい視力障害を引き起こします。加齢性黄斑変性症の治療は、その病型によって①薬剤の硝子体内注射 ②光線力学療法(PDT)があります。
また、黄斑下への出血が多量の場合は、網膜が障害されて高度の視力低下を生じるため早急な硝子体手術による血腫移動、除去を行います。
 

 

7.飛蚊症

黒い点やゴミのようなものが目の前に飛んで見える症状を飛蚊症といいます。飛蚊症の大部分は生理的なものです。加齢などにより硝子体が濁ると、それが眼底に影を落とします。そのため目を動かすたびに黒い点が飛ぶように見えます。近視の強い人は若くても飛蚊症がでることがあります。但し、網膜剥離や硝子体出血等も飛蚊症の原因となるので、飛蚊症を認めた場合は眼底検査を受けて、異常の有無を確認することが重要です。

 
▲PAGETOP

緑内障

緑内障とは何らかの原因で視神経が障害を受けて視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその原因の1つと言われています。緑内障が進行すると視神経乳頭の陥凹が拡大し、視野狭窄が進行していきます。
 

 

 
緑内障とは何らかの原因で視神経が障害を受けて視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその原因の1つと言われています。緑内障が進行すると視神経乳頭の陥凹が拡大し、視野狭窄が進行していきます。
 

①点眼による治療
緑内障に対しては、まず眼圧を下げる点眼薬にて治療を開始します。近年は非常に多くの種類の点眼薬があり、これらの点眼薬を組み合わせて眼圧のコントロールをします。点眼薬での眼圧コントロールが不十分な場合には手術が必要な場合があります。
 

スーパーライザーPX Type1


②スーパーライザーによる治療
点眼薬もしくは手術により眼圧がコントロールされているにもかかわらず、視野障害が進行して
いく緑内障があります。これらの緑内障の視野障害の進行については、眼圧だけではなく眼の血行不全も関与している可能性が指摘されています。このような緑内障に対して直線偏光近赤外線治療器(スーパーライザー)の星状神経節への照射することにより、多くの症例で網膜の血行改善と視野改善が得られたという報告があります。
当院でも緑内障による視野障害に対する治療の選択肢としてスーパーライザーを導入しています。
 

 
▲PAGETOP

眼瞼、角膜、結膜疾患

(眼瞼疾患)

1.麦粒腫

 

麦粒腫

 眼瞼(まぶた)の分泌腺への細菌感染が原因で眼瞼が腫れる病気です。抗生剤の点眼や内服で治療します。切開して膿(うみ)を排出させる場合もあります。
 

 

2.霰粒腫

霰粒腫


眼瞼(まぶた)の分泌腺の1つであるマイボーム腺が炎症を起こして脂肪分が詰まったためしこりができる病気です。抗菌剤、消炎剤の点眼薬で様子を見たり、しこりが大きい場合は切開してしこりを摘出したりします。

3.眼瞼内反症

眼瞼(まぶた)が内側にめくれ、睫毛(まつげ)が眼の表面に接触する状態です。睫毛の接触によって角膜(くろ目)に傷ができたり、痛みを感じる場合は手術を行います。

4.眼瞼下垂

上眼瞼(上まぶた)が垂れ下がった状態です。原因として①まぶたを上げる筋肉がゆるむ ②神経の麻痺 ③外傷 があります。眼瞼下垂が生じた場合は、脳や筋肉の病気が原因となっている可能性があるので、いろいろな検査が必要となります。治療は適応に応じて、まぶたを吊り上げる手術を行います。

▲PAGETOP


(角膜疾患)

 

1.ドライアイ


ドライアイは涙の量、または質の異常によって引き起こされる角結膜上皮(目の表面)障害です。ドライアイになると、目の異物感(ゴロゴロした感じ)、乾燥感、羞明感(まぶしい)、疲れ目等の症状が生じます。近年、ドライアイに対する点眼薬の種類も増えています。
点眼薬でも症状が改善しない場合は、目の表面に涙をとどめるために涙点プラグを涙点(涙の出口)に挿入することもあります。

【ドライアイに対する点眼薬】
① 人工涙液…涙と類似した成分で目を潤します。
② ヒアレイン点眼液…障害された目の表面を修復します。保水性に優れています。
③ ムコスタ点眼液…ムチン分泌量を増加させることにより目の表面を潤します。
④ ジクアス点眼液…涙液及びムチンの分泌を促進し目の表面を潤します。
 

2.帯状角膜変性症

リン酸カルシウム沈着による混濁

帯状角膜変性症は角膜にリン酸カルシウムが沈着して角膜が白く濁る病気です。角膜の混濁が強く視力障害を生じている場合は、1%塩酸液を用いてリン酸カルシウムを溶解し、角膜の濁りを取り除きます。

3.ヘルペス性角膜炎

ヘルペス性角膜炎

ヘルペスウイルスによって生じる角膜(くろ目)の病気です。多くの成人が潜伏感染(症状が出ない)したヘルペスウイルスを持っています。疲労、ストレス等が誘因となってヘルペスウイルスが活性化してヘルペス性角膜炎が発生します。随伴症状として目の周り、口の周り等に皮疹が出来ることがあります。抗ウイルス剤の点眼液や眼軟膏で治療しますが、症状が重い場合は抗ウイルス剤の内服や点滴が必要となることがあります。

4.感染性角膜炎

感染性角膜炎

角膜に細菌、ウイルス、真菌(かび)等が感染することによって生じます。また、近年はコンタクトレンズの使用人口の増加によりアカントアメーバ角膜炎が増加しています。発症後短期間で重症化するケースも多いので早期の治療が必要となります。

▲PAGETOP


(結膜疾患)

1.流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎

アデノウイルス感染による結膜炎で結膜(しろ目)の充血、目ヤニの増加等の症状が生じ、角膜(くろ目)が混濁することもあります。他のアデノウイルス結膜炎には咽頭結膜熱(プール熱)等があります。これらは感染力が強いため大流行することがあります。抗菌剤点眼液(細菌の混合感染に対して)と消炎剤点眼液による治療を行います。

2.アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、ある抗原に対するアレルギー反応で生じる結膜炎で、かゆみを主症状として目ヤニ、疼痛等の症状を伴う場合もあります。季節性のアレルギー性結膜炎として代表的なものが花粉症です。通年性のアレルギー性結膜炎の原因としてはハウスダスト(ダニやカビ)があります。治療は抗アレルギー剤点眼薬、消炎剤点眼薬となります。

3.翼状片

 

翼状片は通常鼻側の結膜に発生し、三角形に隆起して角膜表面に広がっていきます。瞳孔(ひとみ)を塞いだり、不正乱視を生じたりすることで視力障害を引おこします。翼状片が徐々に大きくなって視力障害の危険性が高くなるようであれば、手術による切除が必要となります。また、充血等が強い場合は美容目的にて切除する場合もあります。

▲PAGETOP